アガリクスの50倍のパワー!?がん予防食事にブロリコをプラス

安全ながん予防食事を考えているなら

ブロッコリーは栄養価の高い野菜として知られていますが、ブロリコとはそのブロッコリーから抽出された希少な成分です。アガリクスとはきのこの一種であり、免疫力を高める効果やがんの抑制効果などがあり、がん予防食事に使われることもあります。この2つの成分や効果効能がよくしており、どちらも健康維持や病気の予防などに用いられています。しかし、ブロッコリーから抽出された成分はアガリクスよりもパワーが強いということです。

どのくらいパワーが強いのかということですが、アガリクスの約50倍の免疫アップ効果があると言われています。また、それ以外の免疫アップに役立つとされている成分と比較しても圧倒的なパワーを持っているのです。

この成分は免疫細胞を活性化させますが、特に白血球の20%を占めるNK細胞と好中球を活性化させるということです。NK細胞は病原菌やウイルスが体内に侵入した時に排除するという役割を持っています。

がん細胞にも攻撃をしてくれるため、がん予防食事でNK細胞を活性化させることは重要と言えるでしょう。副作用のリスクもありませんし、安全にがん予防や治療ができる成分として注目を集めています。

副作用のないがん予防食事について

がん予防食事ではブロリコという成分を取り入れるのがおすすめです。しかし、この成分にはあくまで代替療法のような役割しかありませんし、腫瘍を小さくするような効果はありません。腫瘍を小さくするためには薬が必要となります。

もちろんこの成分を摂取して免疫力を高めるのは無駄ではありませんし、免疫力がアップすることで体のさまざまな不調を改善することができるでしょう。摂取することで健康を維持しやすくなりますし、副作用もないので快適に生活できるようになるのです。

この成分でNK細胞を普段から活性化させておくことにより、長生きできるようになると言われています。病気になると薬を飲むことになりますが、薬を飲むと免疫力が下がってしまうこともあります。そこで免疫力を上げるためにがん予防食事できちんと栄養素を摂取しましょう。忙しくてなかなか食事に気を遣うことができないという人もいるかもしれません。その場合はサプリメントで必要な栄養素を摂取するのがおすすめです。

サプリメントなら健康食品なので薬のような副作用はありません。誰にでも効果があるとは言い切れませんが、気になっているなら試してみると良いかもしれません。

参考サイトはこちら⇒ 【※管理栄養士が教える】がん予防・癌再発予防のための食事と食生活